南あやか 個展 「確か、昨日の明日の話」6/3(土)より始まります!

2017年05月27日

臨時休業のお知らせ
6月1日(木)
臨時休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願いいたします。


毎朝電車が海の前を通るので
その間はかなり真剣に海を見ています。
毎日全く違う海の色、波の感じ、
その時の気分とがっつりリンクしたり、救われたり、
とても気に入っているひとときです。

電車の窓を隔ててみる海は
現実感がなくて(ちょっとテレビを見ているみたいで)
冷静にきれいだなとか荒れてるなとか
思うけれど
実際に海に入った時とか
港で大きな船が泊まっているのを近くで見たりすると
生々しさでぞくっとします。
海はあまりにも途方もなくて
想像が追いつかなくて
毎回びっくりするのです。
浜辺ではあんなに穏やかな感じなのに
ちょっと進むと
急に冷たくなって深くなる感じとか
大きな船の海に浸かってる部分を想像ししまった時とか
畏れを感じてしまうのです。
そういう全部を含めて僕は海が大好きです。

さて、もうすぐ新しい展覧会が始まります!




南あやか 個展
「確か、昨日の明日の話」
2017年6月3日(土)〜15日(木)
※水曜日定休
11:00〜20:00(最終日〜17:00)

前回、寒い季節に南さんの展覧会をしましたが
夏が始まるこの季節の南さんの展覧会がどうしても見たくて
お願いしました。
DMの作品を見た時、
先に書いた窓から見た海の感覚を思い出したのです。
南さんの絵の世界と絵を見ている僕との間に
ガラスが一枚ある感じ、
ガラスの向こうの世界に
気持ちを寄せたり救われたりすることはあるけれど
決して触れることはできないような。
きちんとガラスを張ってくれているから
安心して見ていられるけど
このガラスがなくなった時のことを想像すると
ちょっとぞくっとするような。
畏れのような何か。
とっても説明が難しくてうまく書けないんですが
南さんの描く人たちがふくんでいる
想像もできないぐらい深い何かのことを考えると
途方もなくなるのです。

そういう作品だと僕はとても勝手に思っていて
どうしようもなく惹かれるのです。

ぜひお出かけくださいね。