永井健一個展「cute loop」5/1(月)より始まります

2017年04月30日

例えがださくて申し訳ないんですが
昔、あるお笑い芸人が
「僕のやっている笑いは、
小学校の休み時間、カーテンにくるまって
仲のいい友達にだけ披露して
ゲラゲラと笑いをとっていた時と
やっていることは全く変わっていない
僕のやっていることはそういうものです」
というようなことを言っていて

小学生だったときのこと
大体気が合わない人々と
一つの教室に閉じ込められて
自分のタイミングでは何ひとつ思い通りにはいかなくて
「ああ、お家に帰っておばあちゃんと再放送のドラマが見たい、
おやつを食べてゆっくりしたいな」
とばかり思っていたこと(実際帰ると即そうしていた)
でも数少ない気の合う友達と
教室の隅で
小さな声でおしゃべりしながら
お腹が痛くなるまで笑ったこと
その空間がとても大切だったこと
救いだったこと
昔のことはちっとも記憶がないけれど
そういうことがあったことを
生々しく思い出したのでした。

あと、永井さんともちょっとした一言がツボに入って
お互い永遠に笑っていることがよくあります。
永井さんが
小さな声で抜群に面白いことをぼそりと言って
二人でヒーヒー笑っている、
すぐにいろんなことを忘れていく僕が
覚えているのはそういう瞬間ばかりです。
小学生の時から変わってないですね。

しんきくさいし、ださいし、全然伝わらないかもしれないけれど
あと永井さんの世界観に全然合ってなくて本当に申し訳ないけれど(笑)
永井健一さんの絵はそういうものの一種なんじゃないかなと思っています。
永井さんが永井さんのためにだけ作った救いの世界。
そういうものがすべての人に確かにあったと
思い出させてくれるような。
緻密で繊細で崩れそうだけどとにかく強い、
永井さんがそういう風に見えるのは
永井さんの絵が
永井さんを守っているのかもしれないなと思います。
そういう永井さんの全てが出ているように思うのです。





永井健一個展「cute loop」
5/1(月)-5/14(日)
※10日水曜日定休
11:00-20:00
※最終日は17:00まで

作家在廊予定日は
永井健一Twitter
をご確認ください。

個展限定メニューもご用意しています。
現在永井さんがメニュー名を考案中です。
とても楽しみ!

ぜひお出かけくださいね。






 


Posted by calas at 17:10展示

小幡明の展覧会「世界のかけらとおいしい時間」4/15(土)より始まります!

2017年04月13日

さ、寒い。気のせいでしょうか。
もうアロハシャツ2枚も買っちゃったのに!
今年もcalasではレモンケーキが始まったのに(宣伝)!

先ほど味見をしましたが今年もおいしくできたと思います。
ぜひどうぞ!

明後日4/15(土)より
お腹が空いて空いて仕方がない2週間となりそうな
展覧会が始まります!




小幡 明の展覧会 「世界のかけらとおいしい時間」
2017年4月15日(土)~30日(日) ※水曜定休
11:00-20:00 
★カフェでの展示につき、来場時はワンオーダーをお願いします。
calas
神戸市中央区元町通2丁目7-8 元町防災ビル2F
Tel & Fax 078-599-9955

世界のかけらシリーズ第2弾、「世界のかけらとおいしい時間」。
今回のテーマは旅の《食べもの》。古今東西どこを旅しても、一番大事なのはやっぱり食べること!
旅新聞「Papel Soluna」とその原画の展示を主軸に、今回は特に《食べもの》にスポットを当てます。
おいしいイラストとエピソード、世界各地で集めた食べものの本などなど…
いつも人気の陶製ブローチも、ごちそう仕様の新作をたくさん並べる予定です!
会場のカフェ・calasさんにもご協力いただいて、会期中は旅のおみやげメニューも限定で登場!
見て読んで味わって、ぜひゆっくり「おいしい時間」を過ごしに来てくださいね。

作家在廊情報
15日(土)・16日(日) だいたい終日
17日(月)~22日(土) 13:00頃~夕方
24日(月) 14:00頃~夕方
25日(火)・28日(金) 13:00頃~夕方
29日(土・祝)・30日(日) だいたい終日
現時点での予定です。変更は小幡明HPにてご確認ください。
23日(日)・27日(木)は所用でお店には出られません。

小幡明HP
小幡明twitter

小幡さんが初めてお店に来てくださった時
わあ!旅の途中みたいな人が来た!と思いました。
旅慣れた人の野生の勘が冴えまくっている感じ。
長い旅をしている人独特の感じ。
お話を伺うと野性味あふれる台湾旅から帰られたところとのことで
ものすごく納得したのを覚えています。
でもそれから何回あっても
いつも小幡さんは旅の途中みたいな感じで
プリミティブな雰囲気がムンムンとしている。
とってもかっこいい。
一度(とっても珍しく)お店がガヤガヤと混んでいた時
小幡さんはメモを取って何かを深く考えているようでした。
たくさんの人々が立ったりお話ししたり
とても賑やかなその空間で
小幡さんの輪郭から5㎝ぐらいだけ
全然空気が違っていて
静かな空気が流れていました。
小幡さんと小幡さんの頭の中と
ペンとノートだけの世界という感じ。
そんなことってこの状況でできるものなんだ!と
こっそり感動していました。
そこだけ宇宙みたいな空間で集中して考え事をしている、
そんな風に見えたのです。

どこにいようと
どんな状況でも
自分の空間を作ることは可能なんだなと
それを決めるのは結局自分自身で
あまり周りは関係なくて
そういうことがちょっと垣間見えるのが
旅というものかもしれないなと思いました。
普通は旅から帰ってきてしばらくすると
消えてしまうあの感じ。

そういう感じがする人だから
小幡さんの描く世界は
すんなりと心に入ってきて
ワクワクとさせてくれるのかもしれないな
と思います。
小幡さんの小幡さんが楽しむために
記録した旅の世界。
それを見せてくれているという感じ。
小幡さんの世界は
そういう魅力があると思う。

そしてそれをとてもやさしく親切に
みせてくれているような気がします。
「もし気に入ってくれたら家でも楽しんでくださいね」
というようなそういう世界を作っていると思う。

ぜひお出かけください。










 


Posted by calas at 16:38cafeメニュー展示